BMWメンテナンスの記事 (1/4)

暑さに負ける・・・



101KIMG2291.jpg



6月からずっとバイクに乗れていない・・・


言い訳になるかも知れないけど(^^;

梅雨時の晴れ間が暑すぎた事。

九州豪雨で乗るのを控えた事。

梅雨が明け、早朝スタートしようにも、
早朝からでも気温は高いし湿度も80%前後と
ムシムシ状態で気力喪失した事。


そんなこんなで7月も終わろうとしています(笑)



2カ月近くも乗らないんじゃ・・・
バッテリーが心配になり充電でもするかぁ~(笑)

102KIMG2288.jpg



充電器をセットし、充電時間は一時間半、
もう少しかかっても二時間くらいだろうと考え、
コンビニでアイスコーヒーを買って・・・

アイスコーヒーを飲みながら、雑誌を読んだり
車のカタログを眺めたり・・

103KIMG2290.jpg



40分くらい経ったところで充電器を触ってみると、
かなり高温になっており、バッテリーがかなり減って
いるんだろうなぁ~なんて思いながら充電器を少し
涼し目な所へ移動・・・(^^;

104KIMG2292.jpg




窓を開け、扉も開け、風が通るようにしても
ジメッとした高温の風が通るだけ・・

105KIMG2294.jpg


106KIMG2295.jpg




充電完了を待って一時間半・・・

充電器を触ってみると当初の高温からは脱しているよう・・・


後はクーラーの効いた部屋で待つことにしましょう(笑)

火災も心配なので、30分ごとに確認って事で・・・


結局充電完了までに3時間かかってしまいました。
このバッテリー、使い始めて4年目の後半・・・
今までこんなに時間がかかった事は無いので、



もうそろそろ寿命でしょうか?(^^;


ride寿命も少ないんだから、もう少し意欲を持ちたいものですけど

この湿度には負けているようです。(笑)





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

エンジンの同調 終わりました~



毎週毎週日曜日は雨続き・・

同調の為の暖機運転すらできません(^^;)


そこで、事前バキュームメーターの動きチェック~


両ゲージの先端に
101KIMG2178.jpg



T型の分岐を付け
102KIMG2180.jpg



空気入れと結合
103KIMG2181.jpg



こんな感じに
104KIMG2183.jpg




空気を送ってみると
105KIMG2182.jpg


同じ圧力なはずですが、少し狂っています。


もともと圧力をかけない状態で0指針が合っておりません。
105-2KIMG2163.jpg


実際同調をするときは、この狂いを勘案しないといけませんね(^^;)


次に空気入れを激しく動かし、針の振れを確認しましたが、
振れはゆっくり動きますので、


この流量調整のコックは必要ないかも・・・
105-1KIMG2198.jpg




バキュームホース接続口のゴムキャップも外してみましょう。
106KIMG2188.jpg


このキャップは2年前に交換していたんですけど、
結構固着していて、なかなか外れませんでした。
暖機運転後だったら、熱くて慌てていたかも知れません(笑)


バキュームゲージのホースとつないでみます
107KIMG2189.jpg


これは、すんなりですね(^.^)





「アイドルスクリュー」


いっぱい締めこんで、戻りの回転数を確認します。
108KIMG2190.jpg



ここで過去からのお話・・

RTを買って数か月後、アクセルを戻すとパンパンって
アフターファイヤー・・最初は気のせいかな?って思ってましたが、
だんだん大きくなってきました。

そこでアイドルスクリューを外してみると、
タールがびっしり付着して原形をとどめておりませんでした(^^;)

奇麗に清掃し、戻りの回転数は1回だったので、
その通りに戻し乗ってみました。
すると、アイドリングが1,500回転くらに上がってしまいました。

1/2回転ほど戻したら、丁度いい感じの1,100回転くらいになり現在に至ります。('◇')ゞ




さあ!
同調の為の暖機運転!

週末日曜日の天気予報は、

またまた日曜日は雨模様・・・

う~~んっ
・・・仕事を午前中で切り上げ、同調をやってしまいましょう!!



カウルを外したままで、初乗りへ~~(笑)
109KIMG2192.jpg



110KIMG2194.jpg



111KIMG2196.jpg


なんてウィークデーは良いお天気なんでしょう!



暖機運転が終わり、スロットルボディ下のゴムキャップを外し
バキュームゲージのホースを繋ぎます。
112KIMG2200.jpg



113KIMG2198.jpg




エンジンをかけると、空気入れで試したような
針の動きではなく、激しく揺れ全然読めません(笑)

やはり調整用のコックが必要のようです。
114KIMG2199.jpg



コックを回し針の揺れを小さくして、読めるように調整。
115KIMG2197.jpg



これって、アイドルスクリュー扱わなくても合っています・・・よね(^-^;
エンジン切って0指針を確認したら、両メーターともぴったり合ってます。
と言う事は誤差もないって事・・・

再度エンジンかけ、何回か空ぶかししても同じですから、
アイドリング時の同調はOKにします。


次に回転を上げた時の同調は、
事前にケーブルプーリーを右は視覚、
左は触覚で同期を合わせていたため同調はOKでした。(^.^)



アイドリングも1,100回転で安定・・
116KIMG2201.jpg




結局、アイドルスクリューやアクセルワイヤーの
アジャスターを扱うことなく作業は終了しました(笑)


さあ~~

これで、何時でも出かけられます!!



今週の連休は・・・・



雪 や ん (;'∀')







にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



部品と道具が揃いました~とオイルプレッシャースイッチの交換



オイル漏れしているオイルプレッシャースイッチと

エンジン同調に使うバキュームゲージが揃いました。(^.^)



出品者は違いますがヤフオクで・・・(^-^;





まず最初に届いたのが、

オイルプレッシャー スイッチ bmw r1100 r850 k1100 k100 k75

汎用品かな・・送料込みで3,142円
101KIMG2156.jpg



スペイン製のようです
102KIMG2155.jpg




次に届いたのがバキュームゲージ

1個1,280円が2つで送料込み3,414円
103-1KIMG2157.jpg




立派なケーズに入ってます・・・
104KIMG2158.jpg




開けてみると中身はこれだけ・・・
105KIMG2159.jpg




担当者名が書かれた検品の紙片です。
106KIMG2160.jpg



二つ並べると、針が微妙に合っていません(^-^;
107KIMG2163.jpg



誤差を考えながら、二つのメーターを使うより
一つのメーターを切り替えながら使った方が良いかも・・




とりあえず針の振れを止めるため、流量の調整用に
熱帯魚のエアー調整に使うコックも買っておきました。
109KIMG2164.jpg



しかし、これがうまく行くかは本人も分かっておりません(^^ゞ




ケース中の仕切りを切り取り、1箱で収納できるように改造。
108KIMG2162.jpg



天気の悪い冬だから、こんな事ばっかりやってます。(笑)

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


日曜は前日新年会のアルコールが残る中、

天気も悪いし、オイルプレッシャースイッチを換えましょう(;'∀')



外は雪降る寒い一日ですが、ストーブを最強にして・・
110KIMG2165.jpg




24×22のメガネレンチ
111KIMG2166.jpg




取り外すスイッチは24mm、新しいスイッチが22mm。



当初スイッチを外すには24mmのロングソケットが必要と思い、
色々探しましたが19mmまでのソケットしかなく、出費がかさむなぁ~
しかも新しいスイッチは22mm・・・この為に2種類のロングソケットを
買うしかないか・・・って悩んでおりました。
大げさでしょうか・・(笑)

もう一度takaの工具箱やらを探していると22×24のメガネレンチが!・・・



レンチを取り外すスイッチに当ててみると、
大きくは回せませんが外せそうです♪(^.^)
112KIMG2167.jpg




スイッチを外したところです。
113KIMG2168.jpg




新しいスイッチ取り付け、ハーネスの端子をセット。
114KIMG2169.jpg



何とか取り換え完了!!(笑)




これが取り外したスイッチ
117KIMG2176.jpg




118KIMG2177.jpg



ワッシャが銅製のようです。




新しいスイッチ
119KIMG2155.jpg


こちらのワッシャはアルミ製。銅製と比べ
アルミ製の方は外径がかなり大きいです。




ついでにオイルラインのボルトも少しオイルが
漏っているようなので増し締め。
115KIMG2171.jpg




116KIMG2170.jpg







後はエンジンの同調が残っているだけです!

今週の日曜日雨が降らなければ、2~30分暖機運転の為に
走りましょう!


これが、今年の初乗りになりそうです。(笑)







にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



バルブクリアランスの確認と調整



「やっちまった編の修復-セカンドシーズン(オイル漏れ、その他 編)」の
続編みたいなものです(^^;)

右シリンダーのオイル漏れを直すためシリンダーヘッドを増し締めした際、
「バルブクリアランスが狂っているかも?」と言うご助言を頂き確認のため、
再度カウリングを外し、ヘッドカバーを外しました。(^-^;



またまた30数本のボルトを外し・・
101KIMG2143.jpg




takaもW3の整備を始めました(^.^)
102KIMG2144.jpg



103KIMG2145.jpg


W3は以前からアクセルを吹かすと黒い排気が・・・
燃費も25kmから今は20km前後と悪いらしいです。
燃料が濃いいんですね(^.^)

今回行う整備は、
1、キャブのジェットニードルを1段下げる。
2、フロートを規定値に再調整。
今まで油面のレベルを10mmだの十数ミリだのと色んな情報から調整していたんですが、なかなか燃費や黒煙が止まらないなど思わしくなく、今回は整備帳通りのフロートの調整にするようです。(^-^;
3、ポイントの磨きと点火時期の調整。
4、ついでにバルブクリアランスの調整もするそうです。

色々やっている内にネジをエンジンの隙間に落とし、
下にもぐって取っていたら、顔を切って血を流し・・・
悪戦苦闘中です(笑)

104KIMG2152.jpg





人の事笑ってないで工具の準備をしていると・・・

!・!??工具箱の隅にシックネスゲージがぁ~
105KIMG2153.jpg



この前探しても見つからず私が買ってきたのが左、
今回たまたま見つかったtakaのが右。
全く同じもののようです。はぁ~~(笑)



RTに使うゲージは吸気側が0.15、排気側が0.30
106KIMG2154.jpg



右のヘッドカバーを外し、ギアーを5速に入れタイヤを回します。
回しながら吸気弁が閉まりピストンが上まで来るようにし、
圧縮上死点を出します。


吸気側の隙間が0.15mm。
ゲージを当てるときつい状態で、0.1mm以下くらいでしょう。
107KIMG2147.jpg



排気側の隙間が0.30mm。
全然ゲージが入りません。これはかなりきついようです。

そう言えば前回の作業が終わってエンジンをかけてみた時、
なんか片肺のように感じましたけど、ま~エンジンが冷えているからだろ~~って思っていましたが、これは排気弁が開いたままで圧縮が抜けていたのかも知れません(^^;)(^^;)

※まーぼーさん、ご指導有難うございますm(__)m



ロックナットを緩め、吸気側0.15mm、排気側0.30mmに調整
108KIMG2147.jpg



109KIMG2148.jpg




右側が終わったので、ついでに左も確認します。

左のヘッドカバーを外し・・・
110KIMG2149.jpg




シックネスゲージを挿入して・・・・

「吸気側も排気側もゲージが入らんぞぉ~」

taka
「クランク回して圧縮上死点にせんと・・」

「ぉお・・そうやった」(笑)


圧縮上死点に切り替え測ってみましたが、
両方ともきつめで、特に排気側がきついようです。
右側と同じように調整。(^-^;


調整後、エンジンをかけて見ると
以前のような軽い吹き上がりに戻っておりました。
やはりご指摘の通りシリンダヘッドの締め直し後は
バルブクリアランスの調整が必要だとガッテン!した次第です。(^^;)



「やっちまった編の修復-セカンドシーズン(オイル漏れ、その他 編)」の
記事で油温センサーって書きましたが、オイルプレッシャースイッチの間違いでした。
そのスイッチを見ると、1週間しか経ってないのにこの漏れ様です(^^;)
111KIMG2150.jpg



こりゃぁ~初乗りの前に交換せんとダメみたいです。
それと、メンテナンスの本にバルブクリアランスの調整と
同調はセットと書かれているのを発見!(笑)

そんなこんなで、
オイルプレッシャースイッチとバキュームゲージを注文です。

この二つのアイテムが揃い作業が終わるまで

カウリングは外したままです。


どうせ
寒波と悪天候が続きますから、
良いんですけど・・・

トホホ・・・(;'∀')






にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



やっちまった編の修復-セカンドシーズン(オイル漏れ、その他 編)

これで、このシーズンは終わりです(笑)



●右シリンダーの漏れ

シリンダーヘッドとシリンダーの間よりですが、
オイル漏れと言うより・・ガスが漏れているのか・・(^-^;
拭いてみると結構カーボンらしきものが堆積してます。

11KIMG2035.jpg



12KIMG2039.jpg




ヘッドカバーの4本のボルトをカバーが歪まないように
少しずつ対角に緩めます。
13KIMG2104.jpg




上下左右からプラハンで、
軽く叩きながらヘッドカバーを外します。
14KIMG2105.jpg




外した途端、隙間からダァ~って出てきました。
15KIMG2106.jpg




この4本のスタッドボルトのナットを緩めます。
16KIMG2107.jpg



これも歪まないように、少しずつ少しずつ対角に緩めます。(^-^;
17KIMG2109.jpg




さあ、緩めたら締めの作業です。
鍋の〆では有りません(笑)

絞め方はご助言頂いた方法で・・
まずトルクレンチで20(N・m)~その後角度締め。
角度締めはこのエンジンの場合180度らしいです。
角度締めって言ったら180度なんかなぁ・・(^-^;

180度回すって?
捻じ切れないかヒヤヒヤです(^-^;


それでは、
トルクレンチで少しずつ対角に20(N・m)まで締めて行きます。
18KIMG2110.jpg





次に、レンチで角度締めですが、一気に180度ではなく
90度と2回に分け対角で締めて行きます。
19KIMG2111.jpg




結構力が要るので、レンチの柄にパイプをつないで
絞めて行きました。

がぁ~

2回目対角で絞めている途中・・?・・?

この位置で終わりやったっけ?

結構な力仕事の為、何処まで締めたのか?

分からなくなりました(爆)


あ~~あ~~

もう一度緩めて、一からやり直しし、

角度締め!終了!!



しかし、まぁ~ 

このボルトの強さには感心させられました(笑)




takaがシックネスゲージを持っていると言っていたので、
ついでにタペットの確認を・・


プラグホールからドライバーを差し込み
上死点を出します。
20KIMG2108.jpg




シックネスゲージを・・・?

色んな工具箱を探しましたが見つかりません。

takaに電話して
「ゲージ無いんやが・・・」

「工具箱に入っとらんか?」


どの工具箱に入れたかは覚えてないらしく・・

もう一度探してみましたが、
見つからないので、諦めました。
はぁぁぁ~( ゚Д゚)

ここは下記「まーぼーさん」のコメントを参照ください。


じゃぁヘッドカバーを元通りに・・・

ゴム製シールを外した後にスラッジや汚れが
残ってますから、オイルストーンで
21KIMG2112.jpg




カバー側もオイルストーンで
22KIMG2113.jpg




シリンダー側のプラグホールにゴム製パッキンが
残っているので取り出し、カバー側へセットします。
23KIMG2114.jpg

ここは下記「kachiさん」のコメントを参照ください。



ゴム製シールを取り付け
24KIMG2115.jpg



4本のボルトを18 8(N・m)で締め付けとありますが、
私のトルクレンチは20~110(N・m)なので使えません。
ここは勘で少しずつ適当に締めました。(^-^;
25KIMG2116.jpg






●油温センサーのオイル漏れ


ここですね
26KIMG2034.jpg



端子を外し
27KIMG2118.jpg



大きめのソケットをあてがいますけど、
大きくて合いません。色んな工具箱開けて
ソケット探しました。最高で21mm・・
これでも合いません。

・・・ノギスで測ってみると、なんと24mm・・デカっ!

それもロングソケットが必要のようです。
隣のオイルラインのボルトも締めたいのですが・・


今回は様子見と言う事にし、オイルで汚れた範囲を
きれいに拭いて、タペットと同じインオペです。(笑)
28KIMG2120.jpg






●その他


プラグも外したことだし・・

汚れはこんな感じでマズマズの焼け具合かな?(^-^;
29KIMG2103.jpg




ワイヤーブラシとカッターでキレイに・・
30KIMG2117.jpg




アイドリングスクリューは・・
少しの汚れだけですから、サッと拭いて
31KIMG2123.jpg




ついでにチェンジペダルのリンクにグリスアップ
32KIMG2124.jpg





さぁ~

一通り終わったところで、忘れないように、


オイルを・・・
33KIMG2139.jpg




入れておきましょう~
34KIMG2140.jpg





はい!

完了です!
35DSC00233.jpg




これで、

やっちまった編の修復-セカンドシーズンは終わりです。(^.^)

ご清聴ありがとうございましたm(__)m




気になるのはシリンダーの漏れが止まるか?
止まらなかったら、腰上までを・・・・

なんとか止まりますように









にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村