2016年08月の記事 (1/1)

初めてのブレーキフルード交換


1100RTに乗り始めて2年と半年が過ぎました。

購入時お店で油脂類は交換してくれており、

その後エンジンオイルやミッションオイルなどは当然皆さんと同じようにセルフしておりました。

しかしブレーキフルードはABSが絡んでいるので、

交換方法が分からず悩んでおりましたところ、

まーぼーさんの記事で交換する知恵を授かりました(^^;)
有難うございました。



最近の猛暑でバイクには乗れません。
で、この時期にやって見ようと言うことで・・・


アマゾンから届いた段ボールと封筒。
101KIMG1674.jpg



箱の中は
102KIMG1675.jpg



ブレーキフルード0.5Lと11mmのコンビネーションレンチ。
フロントキャリパーのプラグがほとんど使わない11mmなので購入しました。
これもまーぼーさんのご助言です。(^-^;
ちなみにリアは8mmです。



封筒の中は
103KIMG1676.jpg



新兵器ワンウェイバルブ!!
104KIMG1677.jpg



ドレンプラグの開閉をこのバルブがやってくれるので
何回もスパナで緩めたり閉めたりしなくて良いんですって・・・


箱は千葉県から、封筒は沖縄県からでしたが、
同じ日に届きました。今の物流網はすごいですね。(^-^;




ではでは作業にかかりましょう!

初めてプラグを緩めるんで、折れたりしないようCRCを差しておきます。
心配性って思われるでしょうか・・・(^^;)
105KIMG1682.jpg



フロント右のプラグにワンウェイバルブを取り付け・・
106KIMG1689.jpg



片方は500ccの空ペットボトルへ
107KIMG1690.jpg



フロントリザーバータンク、フルードは汚れていますね~
108KIMG1684.jpg



カバーを外し10円玉を沈めます。(マル印)
109KIMG1687.jpg



キャリパーのプラグを緩め、
ブレーキレバーを握ると、
汚れたフルードが出てきます。
110KIMG1691.jpg




床を見ると、フルードがどこからか漏れています。
ひぇ~~
111KIMG1692.jpg


リザーバタンクからもフルードがぴゅ~
ひぇ~~


床の漏れはプラグの付け根から漏れており、
キャリパー、ブレーキパッド、ディスク、ホイールにまで
漏れわたってました(ノД`)・゜・。
110-1KIMG1691.jpg



リザーバタンクは吹き出す場所が分からなかったため
適当に沈めた10円玉の位置が悪かったようです。
この辺に沈めると良いようです。(^^;)
109-1KIMG1687.jpg
まーぼーさんの記事の写真にはちゃんとこの場所でしたww

吹き出すタイミングも分かりませんでしたが、
レバーを放すと出るんですね~~(^-^;




プラグの付け根から漏れるのは、プラグを緩め過ぎたからだと思いますが、
緩め具合を見るのも面倒だし、やっている内にまたまた漏れるのも嫌になり
結局従来ながらのレンチで開閉となってしまいました(笑)
112KIMG1693.jpg




フロント左も同じように終え、
リアに続きます。





リアのリザーバータンクはステーから外してから
フルードを継ぎ足して行きます。
114KIMG1696.jpg



リアはフロントよりは汚れていませんでした。
115KIMG1698.jpg


116KIMG1699.jpg



フルード交換後はこんなにキレイです。
117KIMG1700.jpg


118KIMG1701.jpg


最後に漏れたフルードで汚れた部分を水洗いし
作業終了です!


前後合わせてこれだけのフルードを排出しました。
119KIMG1702.jpg


だいたい150ccくらいでしょうか・・・
少量で済んだんでビックリです
汚れてましたね~~



一人でもフルード交換ができる様にワンウェイバルブを買ったのに、

結局takaを呼んで手伝ってもらいました(笑)


takaが
「エアー入らんやったか?」

「ちゃんとブレーキ効くんやろうなぁ?


「今度走る時は、前を走ってくれ(笑)」




なんて言われてしまいました。(爆)





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村